スポンサーリンク

海外発送代行サービス会社【バゲッジフォアード】を使ってみた

お得情報
スポンサーリンク

バゲッジフォワードを使うきっかけ

先日、他の方のブログを読んでいて、日本のネットで購入した商品をまとめて海外に送ってくれるサービスがある事を知りました。

しかも現在、新型コロナウィルスの影響で、日本からオーストラリアまでのEMSが停止になっているのですが、 このブログを書かれた方が使った『バゲッジフォワード』という会社は、 値段の高い運送会社を使って、金額はEMSの料金で送ってくれるというので、早速私も使ってみました。

きっかけとなった方のブログ↓

↑この記事を書いた方、情報をありがとうございます!


注文する前にした事

海外発送代行サービス会社『バゲッジフォワード』の公式サイト↓

とりあえず、サイトを一通り読んでみました。

でも、知りたい事が書かれているページがなかなか見つけられなかったり、『FAQの見積もりツール』の所をクリックしたら『ページがみつかりません。』と出たり、『DHL国際エクスプレス料金表』を見ようとしたら、『会員専用マイページ上にて公開しています。』と書かれているのですが、マイページにログインしても、その料金表にたどり着けませんでした。(2020年6月現在)

●複数の荷物をまとめるサービス、オールインワン

サイトを読んでいて、最初に気になったのが、荷物をまとめて海外発送する際のオプション料金はキャンペーンにつき5箱まで0円という所。

いつまでなのか書かれていなかったので、すぐに『キャンペーンはいつまでですか?』とメールで問い合わせをしました。ついでに現在もEMS料金で送ってくれるのか、念の為に聞きました。

返信は早かったのですが、『オーストラリアは、EMSと同じ送料で、DHLという会社で発送している』『キャンペーンは現在していない。』という淡々とした内容の返事が来ました。


本当は、『キャンペーン実施してないのに、なんでホームページそのままにしてるですか?』と返信したかったですが、しませんでした。

●複数の荷物をまとめる料金750円について

なかなか知りたい事がサイトのどこに書いてあるか探せないので、いいやもうメールで聞いてしまえと思って、メールでまた問い合わせをしました。

「例えば楽天で注文して3箱送られてきたら、750円×3個分の料金がかかるのですか?アマゾンで注文してまとめて1箱で送られてきたら、750円はかからないですか?あと、箱代は料金かからないのですか?」と聞いたところ、返信はまた早かったのですが、

オプション料金750円のみです750円EMS代海外発送代行手数料が正確な発生する料金です。』という内容で、また簡潔な返事が返ってきました。

『箱代について何も書いてないじゃん。』と思いましたが、後で違う方のブログを読んだ時に、通常はアマゾンなどから送られてくる箱をそのまま利用するらしいと書かれていたのを見つけたので、そうなのかなと思って聞き直しませんでした。

スポンサーリンク



日本のアマゾンで注文

今月、次女の視力低下に関する記事を書きましたが、少しでも視力が下がらないようにと、私が今パソコンを使う時に使用している『ブルーライトカット液晶画面保護パネル』を娘2人にも買う事にしました。(オーストラリアで同じような物を探したのですが、金額が高すぎる、又は安いのはなかったので、日本のサイトで買う事にしました。)

次女の視力低下に関する記事↓



今回購入した『ブルーライトカット液晶保護パネル』

このパネル、画面に貼るのではなく、パソコンの画面の上に引っ掛けるだけなので、とても便利なんです。


また、最近私の足には魚の目が出来たし、5年くらい同じ卓球シューズを履いているので、思い切って新しい3Eの卓球シューズも買う事にしました。(オーストラリアの卓球用品は高いので、これも日本で買う事に。)

あと、娘に頼まれた筆記用具なども買いました。

楽天よりアマゾンの方が、まとめて送ってもらえるので、(日本の)アマゾンで買う事にしました。

ただ注文する時に気が付かなかったのですが、全部まとめて送られてくると思ったら、合計7点注文したのに、卓球のシューズだけが別の会社から送られて来る事が、注文した後に判明しました。送料が無料だったので、気が付きませんでした。これで、『バゲッジフォワード』のまとめる750円がかかってしまいました。(あー、もったいない。)

また、アマゾンでは日にち指定や時間指定したら、お金がかかるので通常発送にしました。

まず、アマゾンで注文する前に、『バゲッジフォアード』のサイトで『無料会員登録』をします。すると、マイページの『ジャパンアドレス確認』の所に、アマゾンで注文した場合の発送先の住所が表示されます。それをそのままコピーして、アマゾンの発送先に登録します。(請求先の住所は自分の住所にしました。)

海外発送サービス申込

アマゾンで注文したら、まだ何もする事はないです。

アマゾンから『発送しましたよー。』というメールが来たら、『バゲッジフォアード』のサイトへ行き、『海外発送サービス申込』から、到着予定日、箱数、出荷方法、お問合せ番号、送った商品名、量、金額を入力します。(出荷方法は発送会社を選ぶのですが、アマゾンはなかったので、その他にしました。)

荷物が転送会社へ到着

アマゾンで注文したものが『バゲッジフォワード』へ到着すると、アマゾンから配達完了メールが届き、また『バゲッジフォワード』からも荷物到着のメールが来ます。

そして、 『バゲッジフォワード』サイトは、『未到着』『保管中』に変わります。

FAQに『土日も営業している』みたいな事を書いてあったので気にしていなかったのですが、日曜日に到着予定の荷物が、不在で到着していませんでした。アマゾンから不在のメールが届きます。

もう一度 『バゲッジフォワード』の サイトの『6月の営業日のご案内』を見ると、発送、メール&電話サポートは日曜日もやっているけど、荷物受取、梱包、見積もりは日曜日はお休みと書いてありました。

なので、アマゾンのサイトから、次の日の月曜日に再度配達依頼をしました。(ただし、時間指定が8時-12時を選ぶと、転送サービス会社が午前9時からなので、また不在となる可能性があると思い、12時-16時を選びました。)

すべての荷物が届くと、転送サービス会社のサイトに行き、『この荷物を選択する』にチェックを入れ、下の方の『選択した荷物で発送グループを作成する』をクリックします。

発送先、発送方法、オプションなどを選び、備考欄に入力したあと確認をクリックすると見積もりが開始されます。備考欄には『靴の箱は捨てて下さい。』などと書きました。

すると、20分程で見積もりのメールが届きました。

スポンサーリンク



見積もりに対する疑問

アマゾンから届いた荷物は、『バゲッジフォワード』のマイページのサイトを見ると、2箱で、一つは1kgもう一つは1.6kgと書かれていました。

2つの荷物を1つにまとめてもらい、靴の箱を捨ててもらったので、数百グラム軽くなって、EMS料金も安くなるかなーと思っていたのですが、、、なんと見積もりはそのまま2.6kgでされていました。

何でだろう?と思って、聞いてみると、『容積重量での計算で、荷物のサイズから算出されている。 』という内容だったのですが、私的には、EMSの料金なのだから、荷物の重さじゃないの?と思いました。

実際はいくらだったか聞くと、1.8kgだったそうです。(1.8kgだったら1400円も安くなってました。)

あと、読めない漢字があったので、聞いたら、ミスタイプですと返事が来て、何と打ちたかったかの返事がなく、モヤモヤ。

いつもそっけない簡潔な返信で、説明が分かりづらく、私が聞いた質問に返信がない、いつも同じ担当者の名前が書かれており、シェアメイトさん3人にも読んでもらったのですが、みんな理解できないと言っていました。

もう一度、サイトを読んでみたのですが、オーストラリア・ニュージーランドの場合、『 容積重量が大きい場合は容積重量のEMSでの送料 』と書かれているのを見つけました。でも、サイズが大きい場合って、どの大きさでアマゾンから届いているかわからないので、自分では調べようがありません。

また、『 オーストラリア・ニュージーランド発送分のみ、 1㎏以上については1キロごとに100円の緊急事態追加金がかかる。』という所も見つけたのですが、これについては特に請求されていませんでした。

今回かかった費用

EMS送料 2.6kg  5900円

転送手数料 2-5kg  960円

オールインワン(複数の荷物をまとめる) 2箱 750円

海外のクレジットカード手数料 380円

合計 7990円 でした。

オーストラリアドルでは約113ドル(1ドル約70円でした。)


出荷後の連絡メール

支払いを済ませたら、すぐに発送のメールが届きました。発送は早くてびっくりしました。

また、発送してから届くまで、荷物がどこにあるか、こまめに何度もメールを送ってくれます。

(1通目)火曜日の朝、発送

(2通目、3通目)火曜日、大阪

 この時点で、ネットで追跡すると、9日後に到着予定となっていました。

(4通目、5通目)水曜日、香港

(6通目)金曜日、ブリスベン

(7通目)日曜日、ブリスベン

(8通目)月曜日の朝、ブリスベン

 月曜日のお昼に荷物が到着!

(9通目)デリバリー完了のお知らせ

これでもかというくらい何通もメールが届きます。

(一言いいたい)昔のEMSはネットで追跡すればどこに荷物があるかわかっていたのですが、ここ数年は追跡しても全然更新されず、ある日突然配達される事が多かったので、この点に関してはDHLの方が便利だと思いました。

荷物届きましたー

私はゴールドコーストに住んでいます。

金曜日にはブリスベンに届いていたみたいですが、土日は配達していないのか、月曜日に届きました。

月曜日の朝に、まだブリスベンにあるとメールが届いて、その日の午後1時半頃に荷物が届きました。

サインはしなくて大丈夫でした。(コロナだからかな?)

結局、最初の到着予定は9日後と書かれていましたが、実際は6日後に届きました。

(私が送料や重さについての質問をせず、月曜日に支払いをして発送してもらっていれば、もしかしたらその週の金曜日に届いていたかもしれないですね。)

それにしても、到着がとても早い。これには驚きました!

しかーし、

箱で来ると思っていたのに、袋で来ましたよ!

送料はどう書かれているのか気になっていましたが、残念ながら、袋には郵送金額は書かれていませんでした。


ここでまた一つ気になる事が。。。

『バゲッジフォワード』のスタッフは実際は1.8キロだったと言っていましたが、袋には1.7キロと書かれていました。1.8キロではなく、1.7キロならさらに400円安くなります。

いったい私はどれだけごまかされているのでしょうか。。。

また、袋を開けてみると、、、

箱がつぶれてるー!

でも、中を確認したら大丈夫でした。

海外発送転送サービスを使ってみての感想

今回の送料を除く、『バゲッジフォワード』に支払った手数料は2090円でした。

でも、これが実際1.7キロの計算で送料4100円だったとしたら、手数料は3890円もかかった事になります。

そう考えると、思ったより高かったなあ。。。

『バゲッジフォワード』を使ってみて良かった点も挙げてみました。

・ネットのシステムの手順が分かりやすく簡単だった。

・発送から6日で届いて早かった。

・どこに荷物があるか、何度もメールが届いた。

ネットのシステムの手順がわかりやすく簡単だった事発送から6日で届いて早かった事どこに荷物があるか何度もメールが届い事です。

現在は日本での新型コロナの感染で、アマゾンで注文した荷物が実家に届いたり、両親に郵便局に荷物を持って行かせるのはちょっと心配です。また、私の両親は2人とももう70歳を過ぎたので、そろそろ両親に日本からオーストラリアに荷物を送付してもらうのはやめて、業者に頼もうと思っていた矢先でした。


今回の海外転送サービスは安くはなかったですが、試しに使ってみていい経験になりました。

次回は、違う海外発送代行サービス会社『御用聞キ屋』を使ってみようかなと思っています。

他の会社を使ってみて良くなかったら、またこの『バゲッジフォワード』を利用するかもしれません。

記事を気に入って頂けたら、クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ

お得情報
スポンサーリンク
ゆりのすけをフォローする
オーストラリア(ゴールドコースト)の主婦生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました