スポンサーリンク

車をぶつけて、ドアをこすってしまいました。。。

バイク、車
スポンサーリンク

ショッピングセンターの駐車場にて

この日はある場所に行った帰り、ショッピングセンターに急遽思い付きで寄る事にしました。

その日の駐車場は、ショッピングセンターの入口から近い場所はほぼ埋まっていたので、入り口から近くもなく遠くもなくという場所に止めたのですが、その選択は間違っていました。入り口から遠くても、誰も止めていない周りに何もない所に止めるべきでした。。。

今回私が車を止めた場所とは、、、

駐車場内の、ショッピングトローリーベイ(置き場)のすぐ右隣でした。

買い物が終わって車を出す時に、私の車の右側には、トランクに荷物を入れているカップルがいて、その人たちにぶつからないようにあまり大回りせずに出たら、『ガタガタガタ!』とすごい音がしました。

「あー、車ぶつけちゃったー!」と思って、すぐにチェックしたかったけど、隣のカップルに見られるのが恥ずかしくて、駐車場内の少し離れた所で車を止めて、車から降りてチェックしました。

すると、ドアがかなりの広範囲で擦れてて、、、「あー、主人に怒られるー」と思いました。

主人にラインで連絡して、すぐ返事がなかったので、そのまま家に帰りました。


ドアの傷

主人は思ったより怒ってなくて、「写真を撮って送って!」と言われて送りました。

その写真がこちら。

上記のは拡大写真。


もう少し遠くから撮った写真はこちら。


何百ドル?もしくはそれ以上かかかるかもしれないけれど、業者に直してもらうか、主人が直すか?と言う話しになり、とりあえず主人が自分で直してみると言ってくれました。


Super Cheap

主人が帰って来る前に、私が、車の部品を売っている『Super Cheap』に行き、ペイントコーナーで車のペイントスプレーを買う事になったのですが、どれを買えばいいかさっぱりわからず途方に暮れていた所、スタッフが話しかけてくれて、「車のドアをこすったので、ペイントを探している。」と伝えると、「似たような色のスプレー缶は約14ドル、車と全く同じ色を作る場合は約36ドルだけど、どっちにする?もし車と同じ色にしたい場合は、カラーナンバーが必要になるよ。」と教えてくれました。

「主人に相談してから決めます。」とスタッフに伝えて、主人にラインしたら、「車と同じ色にしよう。」という事になり、車のカラーナンバーを探す方法をネットで検索すると、ボンネットを開けて、中のシールに書かれれいるとの事だったで、ボンネットを開けようとしたのですが、なぜか全然持ち上がらず、、、

結局、仕事から帰って来る途中の主人がSuper Cheapに来てくれる事になり、10分ほど待ってました。

主人が到着して、ボンネットを開けてくれて、シールも発見、車のカラーナンバーも見つける事が出来ました。

Super Cheapのスタッフにカラーナンバーを伝えて、私たちの車のカラーのスプレー缶を作ってもらう事になり、約5分程で出来上がりました。

Super Cheapで作ってもらった私の車のカラースプレー缶


ちょうど、5ドル引きのクーポンがあって、約30ドルで購入出来ました。


家で修理

Super Cheapで買った『 ペイントスプレー缶』主人が購入して持っていた 『Wizards Turbo Cut』で、何とか見た目きれいに戻りました。 『Wizards Turbo Cut』 を布につけてみがくと傷がきれいになりました。


下記の写真のようになりました。擦った所は、かなりわからなくなりました。

業者ほどパーフェクトな仕上がりではないかもしれないですが、中古車だし、全然満足です。


まとめ

私は、ショッピングトローリ―ベイ(置き場)の周りの金属の所にドアをこすったのかと思いましたが、ちゃんと確認していなくて、もしかしたら誰かが、トローリ―置き場と私の車の間にトローリーを置いていたのかもと後で思いました。(今となっては、事実はわかりませんが、、、)

というのも、実は、以前近くのNerangのWoolworthの駐車場で、トローリー置き場の隣に車を止めたら、買い物の後変える時には、トローリーがたくさんでトローリ―ベイに入りきらず、私の車とトローリー置き場の間にトローリーが置かれていたことがあったんです。その時は出る前にトローリーを動かしたので大丈夫でした。

が、今回は、全然車の左側を見ていませんでした。

そんな事が過去にあったにもかかわらず、今回私はまたトローリー置き場の隣に車を止めてしまいました。

これからは、トローリー置き場の隣には車を絶対止めない事にします!

皆さんもお気を付け下さい。


記事を気に入って頂けたら、クリックをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ

バイク、車
スポンサーリンク
ゆりのすけをフォローする
オーストラリア(ゴールドコースト)の主婦生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました